黄金比、白銀比-アスペクト比の調整

このブログに掲載する画像のアスペクト比について。
アスペクト比というのは、写真画像や映像画面などの長方形における縦横の辺の比率のことです。

黄金比
1:1.618…..
自然界にみられる比率で、もっとも安定した美しいバランスとされます。
白銀比(大和比)
1:1.414…..
A4などの用紙のサイズでおなじみ。大和比とも呼ばれるように日本人には馴染みの深いバランスです。
デジカメの画像のアスペクト比
3:2(コンパクトデジカメの場合、4:3のものもあります)
3:2を上2つの表現にあわせると1:1.5ですから、黄金比と白銀比の中間の比率です。

これまでデジカメ画像の比率をそのまま使うことが多かったのですが、そうすると縦画像は長過ぎ、横画像は、(縦長画像とのバランスからいうと)小さ過ぎると感じます。(縦長画像、横長画像ともに幅をブログのエントリーコンテンツ幅560pxにあわせた場合)

それで、縦長画像、横長画像ともにほぼ白銀比となるようにしてみました。

白銀比の画像例(横長画像)

縦長画像は縦に短く、横長画像は縦に長くなることでバランスは向上するように思います。

白銀比の画像例(縦長画像)

ちなみにこのエントリーのアイキャッチ画像(当ブログの場合、シングルページ上部に表示されるメインビジュアル)は、ほぼ黄金比にしてあります。

アイキャッチと横長画像ついては、特に比率にこだわることはないように思いますが、やはり幅560pxの縦長画像については、1:1.5のままではなく、調整したほうがいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくClip to EvernoteこのエントリをYahoo!ブックマークに追加
Permalink | 現在コメントを受け付けておりません | ↑TOP

Tags: ,

コメント

コメントはありません。

現在コメントは受け付けておりません。