SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DGを試す

梅雨が明けて夏がきました。
シグマの50mmマクロをぼちぼち試しています。

まず、TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1ほどヌケがよくないです。ハレ切りすると違うのかもしれません。付属のフードがあります。
もしかしたら、純粋にマクロレンズとして使うのがこのレンズには合っているかも。

歪曲収差については、ほぼ予想どおりで、問題にするほどではありません。ひずみが糸巻き型という点については、画角からすると珍しいしちょっと疑っていたんですけどね。

このレンズの歪曲収差等について⇒50mmマクロレンズ検討

安価で、よい品という印象です。いわゆる、まき餌レンズですね。
外装の塗装ですが、シグマ独特のあのザラザラのものから、オーソドックスなものに変更されていました。

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG外装

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル

今年の香川の梅雨明けは、平年より10日ほど早いそうです。珍しく早起きなぞして、ごそごそしております。
夏は何度もやってきますが、2011年の夏はこれっきりですからね。

MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル、カメラはすべてEOS 5D Mark II。

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル01

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル02

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル03

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG撮影サンプル04

田んぼの水面に向こうの景色をきれいに反射させるには、風がなくて水面が落ち着いていることが条件なんですかね。新海誠監督の信濃毎日新聞のCMいいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくClip to EvernoteこのエントリをYahoo!ブックマークに追加
Permalink | 現在コメントを受け付けておりません | ↑TOP

Tags: , , ,

コメント

コメントはありません。

現在コメントは受け付けておりません。