コラム

Wi-FiモバイルルーターURoad-7000SSでWPA2を使う

Wi-FiモバイルルーターURoad-7000SS

WiMAX通信にはWi-Fiモバイルルーター「URoad-7000SS」を使っています。

シンセイコーポレーション│ WiMAX URoad-7000

このルーターにはSSIDが2つあって、出荷時にはSSID1にWPA2-PSK(AES)が、SSID2にWPA-PSK(TKIP)が設定されています。
本体にネットワークキーと共に記載されているのはSSID2のほうで、マニュアルで案内されている設定方法もSSID2を使ってのものになっています。

でも、WPAは無線LANセキュリティとしては不安です。

無線LANセキュリティ「WPA」をわずか1分以内で破る手法発見される

そこで、より堅牢なWPA2を使いたいのですが、これがどうもうまくいかなかったのです。

メーカーのサポート情報では、

「URoadWPS-○○○○○○」と表示されるSSIDは、WPS機能で接続する場合に使用いたします。

と記載されているのみ。
上記SSIDが、WPA2-PSK(AES)になるのですが、本体やマニュアルをみてもネットワークキーの所在がわからないし、本体に記載のあるPINコードなるものを使っても接続できません。

そんなことでWPAのほうを使っていたところ、最近かがわSOHO会や勉強会でご一緒させていただいている、うえぽんさんがこの件について解決してくださいました。
うえぽんさん、ありがとうございます!

要するにWPA2-PSK(AES)のネットワークキーを使ってやればOKということなんですね。

WPA2-PSK(AES)のネットワークキーの確認方法は以下の通り。
*開通設定(アクティベーション)は済んでいるものとします。

  1. URoad-7000SSの電源を入れます。
  2. パソコンとURoad-7000SSを無線LAN接続します。
  3. パソコンでブラウザを立ち上げ、アドレスバーに「http://192.168.100.254/」と入力しアクセスします。
  4. ログインウインドウが表示されますので次のように入力し、ログインします。
    ユーザー名:admin
    パスワード:admin
  5. URoad-7000SSのWeb設定画面が表示されます。ナビゲーションメニュー内の「ワイヤレス設定」をクリック、続いて「ワイヤレスセキュリティ」をクリックします。
  6. WPA2-PSK(AES)のネットワークキーを確認します。
    「SSID選択」の項目で「URoadWPS-○○○○○○」を選択した際に「パスフレーズ」という項目に表示されているのがSSID1:WPA2-PSK(AES)のネットワークキーです。
    このネットワークキーで接続できます。

URoad-7000SSのWeb設定画面

このルーターの無線LANセキュリティについて、メーカーは「通常はWPAのほうを使ってください」と案内しています。そして、WPA2で接続するための情報提供については、かなり説明不足の感があります。

セキュリティーの強さでWPA2より劣るWPAを積極的に使わせようとするのには何か理由があるんでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくClip to EvernoteこのエントリをYahoo!ブックマークに追加
Permalink | 現在コメントを受け付けておりません | ↑TOP

Tags:

コメント

コメントはありません。

現在コメントは受け付けておりません。